第24回 敦賀百縁笑店街 開催

■ 事業の効果

近隣の小学校で体育祭があり、集客数の伸び悩みの予測に反して、開始と同時に大勢のお客様が来街され、神楽と本町で人手の波はバラツキが見られたものの、全体的に見れば11時30分頃までまんべんなく来場がありました。
当選は11時30分に残り一つとなり、11時50分に最後の当選者が出て全て商品を吐き出しましたが、抽選会場では少々焦ってしまいました。
天候に恵まれたこと、気比神宮ではまだ「ういろう」が売られているなど、敦賀祭りの余韻か、市民の方も「お祭り気分」も手伝った影響かと推察されます。
また、当日「芭蕉探訪ウォーク(港都つるが主催)」があり、そちらの参加者(167人)も商店街を練り歩いていて、さらに見た目の賑やかさもありました。

■ イベント等参加(来客)人数

スタンプラリーの参加者は、210名(前回193名)。46店舗参加だったので、210名×3店舗利用÷46店舗参加で、1店舗平均13~14名の利用者があった計算になります。実際に店内に足をはこんでもらえる点が、通常のイベントと大きく異なり、またそれこそが、敦賀百縁商店街の一番の開催動機となっております。

※気比の杜との同日開催であった前回を上回る参加者数でした。

※今回は、「抽選お一人様一回のみ」を、チェックポイントで徹底したことを考慮すると数値以上の参加者「増」になっていたのではと考えられます。

メール会員限定抽選回数は、31回(前回27回)でした。メール会員登録者数は255名に増えました。(前回238名)

■ その他
・毎回の事ですが、敦賀信用金庫、敦賀商工会議所から多数の方がボランティアで駆けつけて頂いており、運営に関し非常に助かっております。また、アンケートの収集と集計もして頂いております。
・スタンプラリーの景品に関しては、参加店賞は非常に人気があります。できるだけ中身が見えるようにしております。
・今回は、「抽選お一人様一回のみ」を、チェックポイントで徹底しました。