第23回 敦賀百縁笑店街 開催

■ 事業の効果

早朝、雨が降り、既に雨はあがっていましたが、今にも降り出しそうな空模様の中23回目の百縁笑店街が開始されました。天候の関係か、開始直後のお客様の出足は鈍く、11時頃にやっと大勢方が来街されました。
同時刻10時に女性会の金魚すくいも気比神宮横の御手洗川で開催され、小さなお子様連れの若年ファミリーが大勢来ていましたが、これは、休日開催の百縁笑店街のメインの客層であり、かなりのお客様がそちらに食われていたのではと推察されます。
百縁笑店街の場合、賑やかしで人が出るだけでは意味がなく、お店に入って頂かなくてはなりませんので、単にイベントの同日開催では失敗だったかなという気持ちです。今後同じような機会があれば、合同のスタンプラリーなどを開催し、お店側にも目を向けてもらう工夫が必要かと思います。
それでも、アーケード内にはそれなりにたくさんのお客様に歩いていただき、賑わいをつくることはできました。午後からは気比神宮の杜フェスタが始まり、朝から夜まで人通りがあった一日でした。

■ イベント等参加(来客)人数

スタンプラリーの参加者は、193名(前回145名)。46店舗参加だったので、193×3÷46で、1店舗平均12~13名以上の利用者があった計算になります。
メール会員限定抽選回数は、27回(前回27回)で、当選者は4名でした。メール会員登録者数は243名に増えました。(前回238名)

■ その他

・メールマガジン登録で集めたメールに開催の告知を行った。
・毎回の事ですが、敦賀信用金庫、敦賀商工会議所から多数の方がボランティアでご協力頂いており、運営に関し非常に助かっております。また、アンケートの収集と集計もして頂いております。
・スタンプラリーの景品に関しては、参加店賞は非常に人気があります。さらに、お客さんに喜んで頂けるよう、できるだけ中身が見えるようにしております。