第18回敦賀百縁笑店街

■事業の効果
今年度、残り2回となった、第18回目の敦賀百縁笑店街を開催しました。秋の過ごし易い気候を期待しましたが、夏日のような暑さの中の開催となりました(最高気温33度)。平日開催ということで、毎回の事ながら年配のお客さまと、お子様連れのお母さん方が中心層となっていました。
お客さんもイベントに慣れてきたのか、特定の時間にピークということはなく、満遍なく歩かれているイメージでした。また本町1丁目の西側が、食べ物や雑貨などの店が連なっており、お客さんが賑わっている印象がありました。
積極的にされているお店と、そうで無いお店の差が大きく、ワゴンに群がっているお店や終了時刻前に商品がすべてなくなるお店もありました。
■イベント等参加(来客)人数
スタンプラリーの抽選回数は、126回(前回104回)で、51店舗参加だったので、126×3÷51で、1店 舗平均7~8名以上の利用者があった計算になります。もちろんスタンプラリーに参加されずにお買い物を楽しんでおられるお客様もたくさんおられます。
メール会員限定抽選回数は、22回(前回22回)で、当選者は2名でした。現時点での登録者数は189名に増えました。(前回178名)
■その他
・メールマガジン登録で集めたメールに開催の告知を行った。
・毎回の事ですが、敦賀信用金庫、敦賀商工会議所から多数の方がボランティアで駆けつけて頂いており、運営に関し非常に助かっております。また、アンケートの収集と集計もして頂いております。
・今回は見送りましたが、100円商品に「特別協賛商品」を出すことによりメリハリのある百縁笑店街になりましたので今後も検討していきたいと思います。
・スタンプラリーの景品に関しては、参加店賞は非常に人気があるのですが、できるだけ中身が見えるようにしております。
・抽選会場に終了後に会場に来られたお客様からクレームがあったため、定時ピッタリではなく余裕を持たせて撤収するように検討いたしました。
・メール登録者への抽選方法を一部検討したいという声がありました。