第12回 敦賀百縁笑店街

第12回目の開催を迎えましたが、当日の朝は曇り空で肌寒く、お客さんの出はどうかと思いましたが、開催時間になると暖かく絶好の百縁笑店街日和となりました。
今回の客層は、土曜日開催ということで、子供連れのお客さんが目立ちました。近くの小学校で運動会のイベントがあったように聞いたので被っていなければもっと集客があったかと思いますが、この辺りも平日開催と土曜開催との難しいところだと思います。
また、今回初めて特別協賛商品として、百縁笑店街イベントに協賛して頂き、その分通常価格より圧倒的に安く限定品を出して貰う店舗を5店舗(チモトコーヒー、BarMaeda、名子呉服店別館NG、タニグチ、清香園)用意致しました。確認できた範囲では開始時間よりお客さんが並び短時間で売り切れたと聞いております。これまでイベントの端であるチェックポイントから参加するお客さんが多く、中心部のお店ではお客さんの出が遅い印象だったのですが、今回の特別協賛商品を用意することによりお客さんの流れに一石を投じることを確認できたことは非常に有意義でした。
また、ホームページを拝見頂いた京都の与謝野町商工会から10名強の方が視察に訪れ、会場をご覧頂ました。またイベント後、あきんどくらぶ数名と商工会議所4階会議室にて、百縁笑店街に関しての質疑応答を行いました。
■イベント等参加(来客)人数
スタンプラリーの参加者は、約215人。58店舗参加だったので、215×3÷58で、1店 舗平均11名以上の利用者があった計算になります。ただし、最近増えてきているのですがスタンプラリーに参加されずに商品だけ買っていかれるお客様も目立ちました。あと、今回は、一人で何度も抽選を行うお客様が減った印象を受けたと抽選会場担当者から聞いております。
■その他
・メールマガジン登録で集めたメールに開催の告知を行った。
・毎回の事ですが、敦賀信用金庫、敦賀商工会議所から多数の方がボランティアで駆けつけて頂いており、運営に関し非常に助かっております。また、アンケートの収集と集計もして頂いております。
・100円商品に「特別協賛商品」を出すことによりメリハリのある百縁笑店街になりましたのでできるだけ継続していきたいと思います。
・スタンプラリーの景品に関しては、参加店賞は非常に人気があるのですが、できるだけ中身が見えるようにしております。